FXと外貨貯金の相似と相違

 諸外国の通貨である外貨を用いての資産運用と言えば、外貨貯金というものがすぐに思い浮かぶのではないかと思います。
外貨貯金は知名度もあり、世間に親しまれている金融商品なのですが、その仕組みは、近年人気を集めているFX(margin Foreign eXchange trading/外国為替証拠金取引)と非常に似通っているという事をご存知でしたでしょうか。

この二つを並べて浮かぶイメージはおそらく、外貨貯金は手堅くて安全、FXはハイリスクハイリターンでギャンブル的、というようなものではないかと思います。
実はこのイメージを作り出しているのは、FXで使われる「レバレッジ」という仕組みにあります。

レバッジとは、投資家がFX取引業者に預け入れる証拠金を元にして資金を借り、実際の投資金額より、国内最大であれば25倍、海外の取引業者であれば数千倍というような大きな金額の取引きが行えるようにする仕組みになります。
つまり、これを使うことにより少ない資金で大きな利益を手にすることができたり、小さな為替レートの変動であっても充分な利益を見込めるようにすることができるのです。

ただしこのレバレッジは、取引き出来る通貨の量を増やし、その評価損益の値を大きくする仕組みになっているため、利益を大きくできる分、損失も大きくしてしまうのです。

これが、FX取引がハイリスクハイリターンでギャンブル的と言われるゆえんだと思われますが、このレバレッジの使用は、実は投資家の任意で決めることができるため、レバレッジを使用しないか、もしくは使用したとしても2倍、3倍という形で決めることができるので、実は安全に取り回しが効くものになっています。

こうした事により、FXでも外貨貯金とほとんど変わらない資産運用が可能なのです。
また、FXは通貨売買に特化している金融商品であるために、外貨貯金にはない有効的な特性を持っており、例えば外貨貯金でのデメリットの一つである通貨の交換時の手数料は、FXではほとんどの取引業者で無料となっています。

また、外貨貯金の場合は預けている貯金の出し入れに時間がかかったり、解約金が必要出会ったりするために、為替相場が急変した時のリスク対して対応を取ることが難しく、資産を大きく減らすこともありますが、FXでは通貨の解消は注文1つで即時におこなえますので、リスク回避にも長けているのです。

この他では、FXでは「通貨を安く買って高く売る」と「通貨を高く売って安く買い戻す」という二種類の注文方法が行えるために、円高状態でも円安状態でも、どちらにおいても変わらない利益を出すことが可能なのです。

このように、外貨貯金とFXの基本形はほぼ同じ仕組みで投資が行われているのですが、外貨を貯金として扱うのか、売買目的として扱うのかで大きな違いがありますので、外貨の投資を考えているのであれば、よくくらべてみることをお勧めします。