スワップトレードでストレスのない取引をしよう!

 アベノミクスから長く続いてきた円安ですが、2016年に入ってからは一気に105円台まで円高が進んでいます。

円高は株安にもつながるので株投資には厳しい状況ですが、為替投資に目を向ければ大きなチャンスともいえますよね!

なかでも、FX投資に興味をお持ちの方も多いと思います。

もちろん、ほかの投資と同じで安く買って高く売るというのが基本ですが、それ以外にも変わった稼ぎ方があることをご存知ですか?

それが、今回紹介するスワップトレードという方法です。

通貨ペアには、かならずスワップポイントというものがあります。これは、通貨ごとの金利差をもとにした利子のことで、FX取引では高いほうの通貨を持っていると、1日ごとに利益としてもらうことができるんです!

つまり、決済をしなくてもただポジションを持っているだけで、自動的に利益が入ってくるわけですね。

たとえば、オーストラリアは政策金利が高めなので、豪ドルはスワップポイント目的でよく買われる通貨のひとつです。

業者によってスワップポイントは変わってきますが、現在なら1万通貨単位で、1日に50円の利益となるところもあります。年間で計算すると、18万円を超える金額ですね。

それだけでも十分な利益ですが、スワップトレードのよいところは、仮に豪ドルが下落したとしてもスワップポイント分まではカバーできるという点です!

相場とにらめっこしている必要もないので、なるべくストレスのない取引をしたいという人にはとてもおすすめのトレードです。

もちろん、スワップトレードも良い点ばかりではありません。

たとえば、現在のように円高トレンドが進んでいると、含み損でロスカットされてしまうこともあります。そうなってはスワップポイントも失ってしまうので、資金を増やしたりポジションを減らしたり、ある程度は相場の動きにも合わせていかなければいけません。

また、かつては4%台だったオーストラリアの政策金利ですが、近年はどんどん下がって、ついに2%を割る水準となってしまいました。これでもまだ、世界的に超低金利の現在なら十分スワップポイントを狙うこともできますが、さらに引き下げを求める声も聞かれます。このまま円高と合わせて進んでしまうと、最終的にマイナスとなる可能性も否定できません!

スワップトレードにかぎらず、投資には絶対に儲かるという方法はありません。いろいろな方法を試しながら、自分のトレードスタイルに合ったものを探していくしかないんです。

もちろん、金利が高い通貨は豪ドルだけではありません。

ほかの新興国にも多く見られるので、みなさんも自分なりのやり方をぜひ見つけてみてください!